借入の後の計画 【お金を借りる前に要チェック!】

フリーローンやキャッシングというのは、お金を借りることです。

いわゆる借金です。

まだ借金をしたことがない人には、よくわからないものかもしれません。

借金の大変さは後から来るといわれます。多くの債務者が感じていることなのでしょう。

実際に、借入をするときはまるで麻痺してしまっていたかのように、その大変さに気付かないのです。借金というのは負債であることを、きちんと把握していないのです。

多額の借金をかかえている人でも、初めから大金を借りたわけではなく、最初は10万円程度を借りたのから始まって、何か出費があったとき、生活に困ったときに、追加で20万、30万、50万とどんどん増えていくのがよくあるパターンです。

しかし、この期間というのが半年から1年程度でドーンと増えてしまいます。タガが外れたように・・といいますが、本当にそんな状態です。

これくらいの期間では、順調に返済もしていますから、借りても返せるという変な自信を持ってしまうこともあり、自分の利用限度額までは借りられるという気分になってしまいます。

こうなると、限度額まで借りないと損しているという気分になってしまうこともあります。

こんなことになって、気付いたときには返済地獄に陥っているのです。

これは何も特別な人に起こることではありません。どんな人もこの状況に陥る危険性があります。

返済地獄になると、債務整理や自己破産、親や家族に返済を肩代わりしてもらうなど、大変な状況になります。

このことから注意したいことは、フリーローンやキャッシングは非常に便利に利用できるようになっていますが、お金を借入るときは、そのお金が本当に必要なものかを考えることです。

借りる前に一息ついて、本当に借りなければならないかを考えてみましょう。

“若いうちの借金は買ってでもしなさい”などという言葉がありますが、身を滅ぼすような借金は危険です。適度な借金レベルで利用することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です