消費者金融過払い金請求

法改正により現在は、消費者金融がお金を貸し付けする際に課せられる金利は15%~20%と定められています。年率20%が上限となっているのです。

また、年率29.2%を超える融資を行った場合は刑罰の対象となります。

現在、よく知られている大手の消費者金融が定めている金利は、上限が20%までのものがほとんどですが、この20%と刑罰が科せられる29.2%の間に設定している消費者金融が数多くありました。この20%~29.2%の間の金利を「グレーゾーン金利」と呼んでいます。

このグレーゾーンの金利でお金を借り入れていた人は、法律で定められている以上の利息を消費者金融に払っていたということになり、これまでも現在も裁判が行われています。

この裁判では利用者側の勝訴となり、消費者金融は余計に受け取っていた利息を利用者に払い戻すことになります。これが「過払い金請求」といわれているもので、余計に支払っている利息を過払い金といい、本来支払う義務のないお金を指しています。この過払い金請求は、現在も利用者が過払い金を取り戻そうとして動いています。

現在は、消費者金融も年利の上限が20%までに設定されているところが多くなりましたので、ほとんど問題はないはずですが、過去に年率20%を超える金利で融資を受けていた人は、過払い金が発生している可能性があります。

もし、心当たりがある人はできるだけ早く弁護士に相談してみることをおすすめします。もう既に借金は完済していても過払い金は戻ってきます。現在も返済中であれば、過払い金が戻ってくることで借り入れているお金を返済することができます。

過払い金請求は法律で定められていることですから、諦めて泣き寝入りすることはありません。現在も返済している人であれば、ぜひ過払い金請求をしましょう。

こういう事がないように、銀行などの金融機関からお金を借りるのも1つの手ですよね。

ただし、過払い金請求をすることによって、払いすぎていた利息は戻ってきますが、借入していた消費者金融から融資を受けることはできなくなります。利用していた金融機関から借り入れることはできなくなることは、頭に入れておきたいことです。これはデメリットと思うかもしれませんが、利用していた消費者金融などの金融機関から借り入れできなくなるだけで、すべての金融機関が利用できなくなるわけではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です